テーマは「アジアン・リゾート」
アースカラーの自然石の塀を背景に真っ白な門柱が個性を放つ、M様邸。
南国・バリのリゾートをイメージしてデザインしたエクステリアです。
自然石をふんだんに使った高級感溢れるファサードの様子です。
アプローチはジャワ・ストーンを乱貼りに。色幅のある渋茶色が美しい、硬質で丈夫なアジアを代表する石材です。
敷地境界に設けた塀は、明るいアースカラーとナチュラルな風合いが魅力の自然石の小端積み風に。
大地の色の自然石を、鮮やかなピンクのアザレアとシャープな葉がスタイリッシュなコルジリネが彩り、南国リゾートのイメージを高めています。

門柱の横のシンボルツリーは、花も実も美しいハナミズキです。
足元にはアザレアやカルミアなど花の美しい灌木と、クリスマスローズなどのおしゃれでかつ丈夫な宿根草を植え、周囲には明度の高いさまざまなブラウンカラーのクラッシュロックをあしらいました。

アプローチを進むと株立ちのアオダモやシマトネリコが出迎え、四季折々に美しく移り変わる姿は、日々の忙しさを癒してくれます。
 
周囲に花壇を設けた白い門柱は、周囲の自然石の渋くナチュラルな色合いの中でひときわ目を引き、高級アジアン・リゾートのイメージを演出します。
門柱には天然石の割り肌を再現した大理石製の白い壁張り材を使用。
ブラウンカラーをあしらったステンレス製のポストやサインを組み込んで、モダン&スタイリッシュに。
門柱は円形のストーンウォールを積んだ壁で弧を描いて後ろに回り込み、花壇のおしゃれな背景となっています。


モダン・アートのような照明
門柱の足元には、大ぶりの額縁状のアイアンを組み合わせたモダンアートさながらの照明を設置。
昼間はアイ・キャッチャーとしてゲストの目を引きます。
足元には葉の形が優し気なマホニアを添わせて、アイアンのクールでカッチリした雰囲気を和らげています。


門柱の足元のちょっとした配慮をご紹介。
庭には必ず存在する、桝をデザイン的に収納しました。30cm角の石目調の舗装材を上げ下げできる蓋に加工し、桝を目立たせず、すっきりきれいに収めています。


傾斜地に建つM様邸。
スロープのアプローチを上がりきった玄関ポーチの横には、広いテラスと化粧砂利を敷いたプライベート・スペースを設けました。
テラスはダークな色合いの焦げ茶のレンガを敷いたもの。
石塀と相まって、重厚かつ落ち着きのある空間を作り出しています。
高さのある石塀はファサードの庭の背景であるとともに、プライベート・スペースへの道路からの視線を遮る目隠しにもなっています。
石塀で仕切られた空間では、ひとつひとつ違う石の表情を楽しみつつ、プライベートタイムをゆったりと過ごすことができそうですね。